2021年 静岡県綱引連盟 会長 ごあいさつ

 

「今こそ、つなごう!」

                                                                       静岡県綱引連盟 会長  杉田 至弘

 皆さま、あけましておめでとうございます。
 令和3年の年明けにあたり、綱引競技選手の皆さん、綱引ファンの皆さん、静岡県綱引連盟役員、審判員の皆さん、そして「綱引競技」にご理解、ご支援を頂いている静岡県、静岡市、教育委員会、静岡市子ども会連合会、協賛各社、静岡新聞社・静岡放送の皆様に、新年のご挨拶を申し上げます。
 2019年、私たちは綱引競技普及のため「静岡県綱引選手権」にあわせ、シニア部門、ジュニア部門(竹千代杯)を開設、一般に募ったところシニア8チーム、ジュニア10チームの参加を頂きました。学校、町内会での経験はあるものの、競技としては未経験の方ばかりでしたが、その熱気と歓声は予想を大きく越えました。「素晴らしいスポーツだ」「全員の呼吸が合わないと勝てない」「来年もぜひ出場したい!」との感想を頂き、選手、審判、連盟役員一同、これからの綱引競技普及に意を強くしたところでございます。
 しかしながら、2020年は、新型コロナウイルス感染が拡大し、殆どの大会が中止となりました。2020年の12月13日には、「静岡県綱引選手権大会」男子ライトミドル級、女子ライトフェザー級、チャレンジ部門の開催に向けて準備を進めてきましたが、直前になって再び新型コロナウイルス感染が拡大し、開催を断念せざるを得ない状況となりました。
 チャレンジ部門(ジュニア)「竹千代杯小学生大会」は、2021年2月7日(日)開催予定の「スポーツフェスタ」(静岡市子ども連合会主催・西ヶ谷運動場屋外)での実施に向けて協議中です。
 静岡県綱引連盟では、今後ともスポーツ庁の指導、日本連盟の指針を基に新型コロナウイルス感染拡大防止対策を第一に、綱引大会開催に向けて検討を進めて参ります。 
 厳しい状況の中ではございますが、今後とも「つなぐ力、つなぐ心」をモットーとする綱引競技を収縮させることなく、今こそ、皆さまの「つなぐ心」を結集させて、綱引競技の維持発展にご支援・ご協力を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
 皆さまの、ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

地図

住所静岡県静岡市